​理事長所信

名称未設定_Fotor.jpg

1.基本方針

①JAYCEEの育成

②会員拡大運動の展開及び実施

③まちづくり事業への積極的な取り組み

SDGsの推進

2.事業の概要

①研修事業の開催

②会員拡大の実施

③持続可能な組織運営の為に必要な事業

④IT等を活用した情報発信

⑤市民協働のコミュニティ運動

⑥第58回なかよし運動会への参画

⑦LOM内情報網の整備

⑧郷土発展の為に必要な事業

​⑨ロマンチック街道313連絡協議会への参画

⑩その他本会議所の目的達成に必要な事業

 【はじめに】

 ポジティブ・ヴァイブスとは「前向きで積極的なエネルギー」という意味である。楽観的とは違い、ネガティブな思考や要因からも目を背けず、向き合いクリアにしていくことである。

   時代の転換期を迎え混沌とした世界の中で、押し寄せる問題に目を背けてはならない。タイムアップを待っていたのでは明るい未来には到達しない。前に進むために今こそ行動し、ポジティブ・ヴァイブスを生み出すことが必要である。ポジティブ・ヴァイブスを持つことにより目の前にあるすべての事象を前向きな方向へと大きく進め、人を明るい未来へと導くことができる。

  5年前、尊敬する父との早すぎる死別は私の人生を大きく変えた。以来、目を背けてきた問題や答えのない命題に直面し、自らの器の小ささや未熟さ、現実の厳しさに打ちひしがれた。しかし、私自身が立ち上がり、ポジティブ・ヴァイブスを生み出し形にすることが、私を生かしてくれている家族や地域の人々にできる恩返しだと確信し、何事も諦めず現実に向き合い、前を向いて進むと固く決意した。そして、その人生の途方もない歩みの途中で青年会議所会員と出会い、その凛とした姿勢、生き生きと輝きを放つ背中に大きな影響を受けた私は、自身の成長と意識の変革、地域との更なる繋がりを求めて井原青年会議所へ入会したのである。

 

   青年会議所では多様な意見の中で個性をより高めることができ、機会を自らで手繰り寄せ、誠実に取り組むことで確かな成長と感動を得ることができる。また、仲間や、敬愛する先輩諸兄姉、活動を通じて出会うすべての人々の魂が共鳴し、それが大きなエネルギーを生むということを実感させて頂いている。

  私たちのすぐ傍には常に問題の数々が浮き上がり、加速し続ける変化の波が次々と押し寄せている。世界の人口は爆発的に増加している反面、日本では人口減少、少子高齢化が益々進行し、財政に大きな問題を抱えて地域社会に悪循環を生んでいる。既成概念に捉われることなく目標を見つめ直し、量的観点から質的観点へと価値観を革新的に変化させなければならない。

  また、近年立て続けに猛威を振るう自然災害や、新型コロナウイルス感染拡大に直面したことにより、人々の生活様式の在り方は鋭い角度で問題を突きつけられた。我々組織にも大きな課題が生まれ、新たな手段や柔軟な対応が求められるとともに、組織の目的や本質が更に問われる時代へとなった。そんな今だからこそ、本質を研鑽し続けながら、時代に即した組織へと改革を進める必要がある。

  まずは思想、ビジョン、志を持つことで信念を貫くための軸が生まれる。次に問題に正面から向き合い、目標を明確に定め戦略を練ることで進むべき方向に道が開ける。更に優れた戦術、技術を有効に使うことで目標の効果を最大にすることができる。最後にそれらの過程で関わるすべてのステークホルダーを目標へと導き、一筋の光明となることのできる人間力を高めることで、その周囲には必ずポジティブ・ヴァイブスが生まれ問題は解決に向け大きく進む。

 

JAYCEEの育成

  青年会議所は旧来、時代の波をしっかりと捉えて勇ましく進んでいく人財を育成し、輩出することを常に求められている。それは志の高い人財が集まる団体だからであり、各々がリーダーとしての素質を持ち得ているからである。誠実に、志高く、人間力、資質向上に謙虚な姿勢で努め、情熱を持って運動を生み出し、心躍る事業を展開しよう。JAYCEEとしての誇りを掲げ、魂を鳴らし、自らの手で成長を掴み取ろう。

会員の拡大

  組織にとって人財は何より大きなエネルギーの源泉である。現在、井原青年会議所の会 員は減少し、存続に関わる問題となっている。会員の減少から目を背けていては運動や事業の効果をより大きくすることは困難である。会員の拡大にはまず我々会員が能動的かつ魅力的な市民であり、井原青年会議所がセンセーショナルであり、ポジティブ・ヴァイブスを生み出すことのできる団体であり続ける必要がある。そしてそれを発信し拡大運動を大きく進め、共鳴する同志を集めよう。

まちづくり

  持続可能な地域社会を構築するためには、まずはあらゆる環境を変化させると同時に、地域の質的価値を高めなければならない。そして市民一人ひとりが郷土愛を持ってまちと向き合い、それを創っていく当事者意識を持つことが必要である。特に、地域の未来を担う子供たちには郷土愛の醸成と、自分たちの未来は自分たちで創り、選択するという能動的な意識の確立が必要である。そして子供たちの未来のために命を燃やすことは我々の使命である。

ニューノーマル

  2020年には新型コロナウイルス感染拡大によりかつてない危機に直面し、大きな経済的ダメージに加え、人々の生活様式が急速に変わり、ニューノーマルへと変化を求められている。既存のシステムでは必ず組織運営の問題に直面する。組織に秩序を保ち適切な運営を行うためには、規則や規定を見直し新たな手法を取り入れたものへと変化させる必要がある。我々井原青年会議所も変わらなければならないタイミングがまさに今である。次なるニューノーマルに向け率先して行動し、恐れずに未来へ進もう。

結びに

  今だからこそ新しい機会があり、我々は立ち向かう姿勢を持たなければならない。本年度59年目を迎える一般社団法人井原青年会議所の歴史、脈々と受け継がれてきた精神性、伝統を重んじながら次なる時代へ向け前進しよう。

 

ポジティブ・ヴァイブスを生み出し、

共鳴の輪を大きく広げ、力強く進もう。

IMG_9085_edited_edited.jpg

井原JCのFacebookページと公式ラインアカウントです!​よろしければいいね、友達登録お願いします!!

copyright © 2021 一般社団法人井原青年会議所 some rights reserved