top of page
  • 健太郎 坪井

2月度例会〜ブランディング実践講座〜

2月14日(火)井原市地場産業振興センター3階経営研修室にて2月度例会〜ブランディング実践講座を開催致しました。


本例会では講師としてアッパービレッジ有限会社 代表取締役 ムラカミヨシコ氏を講師に招きブランディングについてご講演いただきました。


2月の例会事業担当委員会は総務室が担当で行いました。

講演を聞く前に趣旨説明として総務室 室長 坪井健太郎君がこの講演を開いた目的についてご説明いただき、例会事業が始まりました。


講師のムラカミヨシコ氏より自己紹介いただき、講演が始まりました。


ブランディングとは?

→商品あるいは企業に対する消費者の イメージを高め差別化を図る戦略である。


講演の中でムラカミ氏が『人は「何」ではなく「なぜ」に共感し動かされる」と言われていました。


青年会議所では事業を構築する際、必ずなぜこの事業を行うのか?

なぜ行わなければならないのか?

この「なぜ」徹底的に考えます。


この「なぜ」とはその事業を行う理由の背景のことです。


青年会議所では事業を行う前に議案書というものを書くのですが、議案書の1番目に「実施に至る背景」という項目があります。

そこから議案書は始まるので何事も「なぜ」「背景」がいかに重要かがわかる講演でした。

また、ブランディングという単語を近年よく聞くようになりましたがその詳しい意味まであまり理解をしていませんでした。

今回の講演でブランディングは戦略のひとつの手法として理解しました。




今後も井原青年会議所のブランディングに期待!!!

閲覧数:1回0件のコメント

댓글


bottom of page